男と女の修羅場

男と女の修羅場(コラム)

ガルエージェンシー愛知西三河では、浮気調査の調査結果が浮気をしていたということは多いのですが、中には「尾行中にホテルに入ったら連絡下さい。」とか「相手の家に入ったら連絡ください」という御依頼様がいらっしゃいます。つまり現地に乗り込みたいと言う事ですね。時には「話し合いに立ち会ってください」などの頼みごとも。探偵は基本的にそういう部分には立ち入りませんが、中には傷害沙汰でも起こしかねない勢いの御依頼者様もいらっしゃるものです。

ある女性の御依頼者様が、調査契約の規約に反して探偵の調査中に愛人のアパートに乗り込んでしまったときの話ですが、我々探偵がマンションの付近で張込んで調査を行ていると、調査対象の部屋のドア付近に見覚のある人影が。

嫌な予感?に慌てて部屋の前まで駆けつけてみると、部屋の中から「裏切り者!」という声とともに皿などの割れる音が響く。その直後に全裸で毛布を羽織り片手に携帯電話を持った愛人が「助けて下さい!」と部屋から飛び出してきたのです。

慌てて部屋に入ってみると部屋の中はぐちゃぐちゃで、パンツ1枚のダンナがオロオロと慌てふためいていました。探偵は玄関口に立ちながら、奥さんの荒れっぷりに唖然として立ち尽くしていました。

5分後、警察がやってきました。もちろん、御依頼者様の形相に恐怖を感じた愛人が通報していたのです。その場で奥さんは警官に取り押さえられてしまいました。

修羅場の現場を目撃した探偵は警察から事情を聴かれ、コッテリとお灸を据えられてしまいました。もちろんすぐに事情を説明し解放されましたが。

このようなトラブルを避ける為に、全ての調査をご契約頂く場合には、ご依頼者様から「誓約書」(書面の交付を受ける義務 探偵業法 第7条「依頼者から調査結果を犯罪、違法行為に用いない」旨を誓約した書面の交付を受ける義務)を頂いています。修羅場は場合によって住居侵入や脅迫強要、傷害などの犯罪に問われることもあります。結果として御依頼者様が不利になる状況を相手に与える事にも、なりかねないのです。

修羅場になる場合というのは、愛人が奥さんに対抗しようとしたときに起こりやすいようです。(キャットファイトみたいなものでしょうか…)夫だけだと奥さんが一方的に浮気を責めるという感じになります。夫が妻の浮気現場に乗り込む、というのはケースとしては非常に少ないようです。女性は逆ギレするケースもありますし、男性はそういう現場に行くのを恐れるようです。(みじめな気持ちになる・相手の男と喧嘩、などを避ける)ようなところがあるようです。浮気現場を見られた側は、割と冷静に立ち回ろうとすることが多いようですが、現場に踏み込んだ側が感情が頂点まで高ぶっている場合がほとんどのようです。

実際には行わないよう参考までと受け止めてください。
無料相談・秘密厳守 24時間365日無料通話OK! 0120-484-172 相談・御見積り無料!携帯・PHSからもご利用になれます
メールでのご相談はこちらから
総合探偵社ガルエージェンシー愛知西三河浮気調査や信用調査、盗聴器発見など、すべてお任せください
〒444-0875 愛知県岡崎市竜美西2-1-3 平成ビル4階
TEL.(0564)72-2055 / FAX.(0564)72-2066(本社受付)
交通アクセス

GALUが選ばれる5つの理由

  1. ポイント1:無料相談・無料見積
  2. ポイント2:安心の調査料金
  3. ポイント3:業界ダントツの調査力
  4. ポイント4:高品質の調査報告書
  5. ポイント5:万全のアフターフォロー

GALU探偵ネットワーク

探偵ファイル

GALU本社サイト

携帯サイト:携帯電話でアクセス

ページの先頭へ戻る